投稿

残日録 猿投窯(さなげよう)

先日、猿投窯(さなげよう)をいただきました。名古屋市東部から豊田市西部、瀬戸市南部委から大府市および刈谷市北部の、約20㎞四方に集中する1000基を超す古窯跡の総称。日本三大古窯の一つ。
古墳時代から鎌倉時代初期まで、700年余の長きにわたり焼き物の生産を続けた。とウキペディアにあり。
いただいた器は、重ねて焼かれていたらしく、一部、上にあった陶器がくっついています。そこを外そうとした痕があります。
持ってきてくださったかたは、かさぶたのようなもので、はがしたくなるのよ、と言ってられました。

 

2018年06月05日

残日録2 ようやく検索ができました。

今日、ようやく検索できるようになりました。
ほっとしました。でも余計なものが出ていて、まあグーグルにひっかけてもらうのに、いたしかないが、修正のしかたが分かりません

2018年06月03日

残日録3 公益法人江北図書館定期評議委員会

 昨晩は、公益法人江北図書館の定期評議委員会があり、新しく理事が承認されたり、評議員の定数が改正されたりした。財政難に苦悩する状態が続いている。

 午前中は、全集ものの書庫入れと、開架に並んでいた、坪内逍遥訳のシェークスピア全集を、入り口のショウケースに並べた。明治35年開館の杉野文庫に始まるこの図書館によく似合う。

 郡役所時代の史資料などは、滋賀大の経済学部に保管していただいている。郡制度の形成期の資料もあり、明治初期の研究者には宝のやまだろう。

2018年06月06日
» 続きを読む