残日録3 公益法人江北図書館定期評議委員会

 昨晩は、公益法人江北図書館の定期評議委員会があり、新しく理事が承認されたり、評議員の定数が改正されたりした。財政難に苦悩する状態が続いている。

 午前中は、全集ものの書庫入れと、開架に並んでいた、坪内逍遥訳のシェークスピア全集を、入り口のショウケースに並べた。明治35年開館の杉野文庫に始まるこの図書館によく似合う。

 郡役所時代の史資料などは、滋賀大の経済学部に保管していただいている。郡制度の形成期の資料もあり、明治初期の研究者には宝のやまだろう。

2018年06月06日