残日録 猿投窯(さなげよう)

先日、猿投窯(さなげよう)をいただきました。名古屋市東部から豊田市西部、瀬戸市南部委から大府市および刈谷市北部の、約20㎞四方に集中する1000基を超す古窯跡の総称。日本三大古窯の一つ。
古墳時代から鎌倉時代初期まで、700年余の長きにわたり焼き物の生産を続けた。とウキペディアにあり。
いただいた器は、重ねて焼かれていたらしく、一部、上にあった陶器がくっついています。そこを外そうとした痕があります。
持ってきてくださったかたは、かさぶたのようなもので、はがしたくなるのよ、と言ってられました。

 

2018年06月05日